NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2015/11/18

大船子ども会館⑲&岩瀬子ども会館⑰&関谷子どもの家㉛

皆さんいかがお過ごしでしょうか

先週の11月18日(水)は、大船子ども会館と岩瀬子ども会館、関谷子どもの家の三か所に

11人で行って参りました!!!

岩瀬子ども会館は、紙飛行機をだれが一番遠くに飛ばせるか試行錯誤しながら作り、紙飛行機対決!で盛り上がりました。
関谷子どもの家は、お化け屋敷をやったり、トランプやカプラをして楽しい時間を過ごしました。

前の週に引き続き、まさき(明学・2年)が大船子ども会館の様子をお伝えします。

今日のメンバーは、私のほか、しゅーた(明学・1年)とあやしば(鎌女・1年)、やぎ(明学・1年)の4人でしたー

私がいつも仲良くしている男の子が、あるマンガを読んでいました。

そのタイトルは..なんと…

「ボボボーボ・ボーボボ」でした(笑)

例の「鼻毛」ですYO!!!!!!!

私たち(20歳前後)の世代にはドンピシャです!!

おもしろかったぁぁぁ――――――――

まあ、安定のアホさ加減でした(笑)

ただ、小2の彼には、まだ読めない漢字があり

またボーボボには

鼻毛真拳などと言った難読漢字もあり

彼は私に「この漢字なんて読むのー?」、「これ、どういう意味―?」

と、質問してきました。

学生の腕の見せどころですよね!

ただ質問に答えるだけでは能がないので

質問に答えた上で、「じゃあ、この漢字の音読みわかる?」、「この言葉の逆の意味の言葉知ってる?」

と、1歩進んだ学びに挑戦してみました。

彼には少し難しかったのか反応はいまいちでしたが

これから子どもたちと関わっていく中で何かを伝えられたら良いなーと思います。