NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2016/05/29

みんなで朗読① 「みんなで朗読隊 発進!!」

5月29日(日)とうとう今年度最初の…みんなで朗読スタート!!

img_0644

初回の参加者は子ども5人・学生21人・大人9人の計35人

いつもよりも少なめですか、こじんまりとした環境の下
13時より今年度の活動の幕が開けました!

初回の活動なので、自己紹介・作品紹介と内容てんこもりですが
16時30分までの限られた時間盛り上がっていきましょう✨

 

みなさんこんにちはー(」*´∇`)」

img_0927
img_0734

2016年度みんなで朗読担当者の藤田都花沙と井鍋穂乃花です📖

ではここで都花沙から穂乃花に質問です!

都花沙:「ズバリ‼今年度の朗読の目標はなんですか!?」
穂乃花: 「全力で作品に向き合う!」

そうなんです。ということで初回は大きな声を意識して活動してもらいました。

img_0719

そこで始まったのが”ハイタッチ自己紹介”
準備段階として、みなさん恥を捨てテンションを上げてください。

<ルール説明>
室内を歩き回り、目があった人と”イエ~イ”とハイタッチをしてください。
そこから自己紹介スタート🚩
お互いに自己紹介をしていき共通点を見つけたら一旦その人とはバイバイして
次の人にハイタッチできる人を探していきます。これの繰り返し。いたって単純。

img_0815

「イエ~イ!!」
みんな本当に大きな声を出してくれて、ゲームが終わるころには緊張もほぐれきってました◎

さあ!そのままのテンションでいよいよ作品に入っていきましょう‼

5月・6月・7月は星野富弘さんの詩を読んでいきます。
星野さんの詩は植物をテーマにしたものが多く、どの作品も生命の力強さが感じられます。

5月の時点で各班に配った星野さんの詩15作品を、班で話し合ってもらい3作品にまで絞ってもらいました!
6月にその作品を読み深めていき
7月には発表会をしちゃいます✨

みなさん自分のお気に入りの作品を見つけたようで、
3作品に絞るのがとっても大変でした。

どの作品も好きすぎる…(><)

img_0948

私たちの班では男性陣が ”旅立つたんぽぽのわたげ”
を詠んだかわいらしい詩を好むのに対し
女性陣が ”戦火の中の花たち” を詠んだはかなく重たい詩を好みました。

この詩は誰からの視点で書かれているのか
この詩に書かれている花たちはどんな気持ちなのかを深く考えていきました。

例えば、星野さんの詩には「あなた」が登場します。
ー「あなた」って誰なんだろう?

私はただ単に あなた=読者 だと思ってました。
でも、 あなた=植物 だとういう意見も!

”これは筆者が植物に語りかけている詩だから” と、その考え方をした人が
言ってくれました。http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=941#

これぞみんなで朗読の魅力の1つ!
1つの詩を色んな視点から見ることができる!!

1つの詩に対しても解釈は人それぞれです。
自分にはない視点から作品を改めてみることができるのが
この活動の面白さですよね!

しかし、時間は限られたもので、、、意見を出しきらないままにして
班活動の時間が終ってしまいました。

早くこのメンバーで話し合いの続きしたい!
早く次回の朗読になってくれ~!!

今回はアイスブレイクもあり、作品を読む時間が少なかったのですが
どの班も短い詩に込められた作者の大きな想いを個々に感じ、詩の世界観に入っていってくれたみたいです💕

そんな星野ワールドに浸る中、
お待ちかねの中里先生の朗読が始まりました。

img_1012

なんと、今回は星野富弘さんのエッセイを読んでくださったのです。
さすが中里先生…!!
さらにみんなを星野富弘ワールドへ引き込みます!

次会の6月の26日の活動では、さらにみんなで星野さんの詩を深めていきます!
私は今の時点で7月の発表会が楽しみで楽しみで仕方ありません(≧▽≦)🎶
みんなはどんな風に詩を感じ取るんでしょう!!

早く参加者のみなさんにまた会いたいです♡

朗読 大好き~!!

img_1044

~みんなで朗読とは~
フリーアナウンサーで朗読家の中里貴子先生から、本格的な発声方法と、朗読の楽しみ方を学んでいます。
朗読を聞くだけではなく、自分で実際に声を出して、作品を読む。
そして、小学生から大学生、保護者、おばあちゃんまで、多世代がフラットに楽しめることが特徴です。
円覚寺の塔頭や浄智寺を会場としてお借りしているので、昔の寺子屋を彷彿とさせる光景がここにはあります。
↓みんなで朗読参加申し込みはこちらまで↓
鎌倉てらこやHP: http://kamakura-terakoya.net/event/ceramic/
TEL:0467-84-9746 e-mail : info@kamakura-terakoya.net

みなさんの参加お待ちしておりま~す!

img_0940