NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2018/02/08

関谷子どもの家㊷「雪の”せい”じゃなくって雪の”精”」

こんにちは!!とよ&餅です!!

2月8日(木)も関谷子どもの家へ行ってきました!!

今日はとっても白熱したエピソードを紹介したいと思います!

今日は二年生の男の子たちとサッカーをしました!

いつもサッカーをするとき、強いチーム対弱いチームというチーム分けになってしまうのですが・・

今日は平等なチームで対戦することができました!

そんなチーム分けのおかげもあってかゲームは大接戦!

周りでフリスビーをしていた子たちもその白熱具合に引き込まれ、サッカーに入ってきてくれました!!

このフリスビーをしていた一年生の男の子たち、普段は高学年の子たちの遊びに混ざることはあまりないのですが

学生が「一緒にサッカー入ってみない?」と声をかけると

自分から「サッカーにいれて!!」と言って入ってきてくれたのです!!

学生の声かけと白熱した雰囲気によって、この子たちも一緒に遊ぶことができてよかったなあと思います!!

結局、外にいたメンバー全員でサッカーをすることができました。

そして・・・途中でなんと雪が降ってきたのです!

先生が「雪降ってきたからなか入る?」と聞いても

「雪なんか関係ないよ!!」

というほどの白熱ぶり・・

冷たい雪が降る中、みんなで校庭を駆け回りました・・

部屋に戻ってきたとき、子どもも学生も手と顔が真っ赤!!

でも、みんなとっても楽しそうな笑顔を見せてくれました!!

とにかく子どもも学生も本気!

そしてほんとうに楽しかった!!!

そんなことを思った一日でした。