NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2018/02/18

遊ビバ!⑦「今年度、ラスト!!!!!」

寒い毎日が続きますね~

現在、人生における史上最高体重を更新中のりゅーいちです。

増加し続ける体重に、そろそろ歯止めをかけたいところ。

そんなときにタイミングよくこんな活動が!そうです、遊ビバ!です。

今回は、2月18日(日)に大船の笠間中央公園にて行われた遊ビバ!の様子をお届けします!


遊ビバ!といえば、とにかく自由に遊びまくる活動としてあまりにも有名ですよね。

快晴となった当日、いつものように、学生と子どもが色々なところで、色々な遊びをする光景が見ることができました!

その様子を写真ダイジェストでどうぞ!!!!!!!!

おやおや、こちらではなにやら円盤のようなものを投げようとしています…

これは、通称ドッチビーっていいます!ボールの代わりにフリスビーを使います!今まさに相手を当てようとしている瞬間の写真が撮れちゃいました!!!

おやおや、こちらでは木登り??

なんで木登りしてるの!?…そこに木があるからだ!!!!!

という登山家的な感じではなく、ちゃんと理由がありました。

ふと、木に登っているやんちゃな奴らの先に目をやると、枝の先っちょにこんなものが!

そうです。凧が引っかかっていたのです。

このままでは環境に悪い!木がかわいそう!という気持ちで思わず木を登ってしまったそうです(絶対嘘だろ…)

え、危なくないの?     そんな心配はご無用です。

下には複数の屈強な鎌倉てらこやの男子学生達がいつでも受け止められるようにしています。
でもさすがに左のおじさんは無理かな…

おやおや、こちらでは、地面に寝そべっているぞ?

すると当然、小学6年の女の子の号令とともに、寝そべっていた学生と子どもがある一カ所に向けて猛スピードで走りだしました。

みんなが向かっている先には…

そうです、アノ凧です。なんととれたんです。木登りをしていたあいつらがついに取ったのでs…

と、いいたいところ、でーすーがああ!

実は、私が野球ボールで投げて当てて落としました。なんかすいません…

学生と子どもが本気で楽しめるように、ハンデを設けたところ結果はご覧のとおりとなりました笑

ビーチフラッグならぬ、パークフラッグはものすごい盛り上がりを見せました。

周りにいて見ていた全員が楽しく幸せな時間を過ごすことができました。

凧を木から取るまでが楽しいはずなのに、その凧を使って遊んでしまう学生と子どものアイデアに脱帽した瞬間でした!

パークフラッグのほかにも様々な遊びが行われていました。

公園で女子会を始めたり、、、、

大縄で遊んだり、、、、

この写真は意味が分からないけど笑

っとこんな感じで自由に楽しく遊ぶことができました!!!!

企画みたいな所謂やることが決まってない遊ビバ!は、限られた環境と道具で自分たちで活動を作っていかなければなりません。

だからこそ、自分たちでルールを決めて、考え出した遊びはとっても楽しい!

子どもたちにとっても学生にとってもそこが、難しいし、楽しいところでもあるんじゃないかなーーーっと思ったりゅーいちでした!!!

4月から始まった遊ビバ!も今回が今年度最後となりました。遊ビバに来てくれた子どもたちも学生たちも本当にありがとう!!!

遊ビバ!はてらこや色が一番ふんだんにつまった活動だと思います。

子どもも学生も、てらこやがどういうものかを感じたくなったら、是非遊ビバ!にきてください!!!!

次回の遊ビバ!の予定はまだ決まってませんが、4月か5月にまたやると思います!来てね!

ああ、一番大事な写真を載せるのを忘れてしまった。。。

それでは、今年度最後の、

ビバ~   遊ビバアアアアアアアアアアアアア!!!!!