NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2018/03/03

ふかふか 3月3日「たけとんぼ」

月に3回程継続して学生スタッフがお邪魔させていただいている「ふかふか」さんでの活動レポートです!
今回はインディーさんが持ってきてくれた竹を使って竹とんぼを作りました!御覧く

こんにちは!
明治学院大学1年のゆーすけです!
ひな祭りですね~

それはさておき、僕たちは3月3日土曜日に「ふかふか」さんへお邪魔してきました~!

土曜日の活動といえば!!!!

インディーさんが来てくれるんです!!インディーさんは何でも作れちゃうすごいお人。

今回何をしたかというと・・・

「TAKEZAIKU」
(竹細工)です!

学生がふかふかに到着すると、子どもたちがもう竹とんぼを作っている!

負けじと作業に取り掛かる学生。

「竹をナイフで削る」って簡単そうだなぁ、と僕も思っていた時期がありました。

実際やってみると・・・・
「めっちゃ難しい!!!」

話によると、普通の緑色の竹ならまだ難しくないのですが、
乾燥して色が緑ではなくなっている竹はナイフがかなり入りにくいのだとか。

ある男の子も、削りにくい竹を選んでしまった様で、
「全然削れないんだけど!」と、悔しそう。
学生とどうしたらうまく削れるか試行錯誤していました。

すると、流石のインディーさん。「こうすると良いよ」とコツを伝授。
実践してみると・・・
「え、めっちゃ削れるやん!」
と学生と男の子はびっくり。
コツを教えてもらった途端に削りやすくなり、竹とんぼづくりはとてもはかどりました!

誰よりも自分の竹とんぼが飛ぶように・・・

そう思って、こだわり続けてとうとう竹とんぼ完成!
どっちのほうがきれいに削れているか、いいデザインかなど、切磋琢磨しながらの工作は最高に楽しい!!!

飛ばしてみると・・・めちゃくちゃ飛ぶ!!
自分で作ったものが空高く飛んでいき、
「すっごいとんだよ!」と笑顔でとても嬉しそうな男の子の表情はとても良いものでした。
多分、一生懸命、諦めずにやったからこそのものだったんだと思います。

一生懸命が生む空間ってほんとに良い!と感じました。
一生懸命になれる場所があるっていいですよね。
作ることで熱くなれた一日でした!