NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2018/09/19

大船子ども会館⑯「追いかけっこ」

どうも!なおとです。

最近肌寒いと思ったら今日は日差しが強く肌が焼けるかと思いました。

今週も大船子ども会館を振り返りたいと思います。

今週はある男の子A君とのエピソードを話したいと思います。

A君は普段一人でフラフラしてることが多い子です。
外遊びの時でも、遊びの近くには来るのですが誘っても入ってきません。

いつもならA君とは他の子と遊びながら話をする程度ですが、
今日はその子と思いっきり遊ぶことにしました。

A君になんの遊びしたい?と聞くと

「なんでもいい」と言うのですが、
じゃああそこのサッカー混ぜてもらおうよと言うと、

「やだ!」と言います。

だから自分は、じゃあサッカーを見ながらお話ししようぜ。
と言ったところ…

それも嫌だと言われ逃走されました。

自分はA君をガチで追いかけて捕まえました。
そして自分はA君に最近遊んでなかったから今日は一緒に遊ぼうぜ。と言うと、

再びA君は逃走。

また追いかけて捕まえるを繰り返して、
自分の体力も限界に近づいてきたので、

A君を抱き上げベンチまで運び、抱え込みました。
その子は友達B君に

「助けてー捕まっちゃった。」

と助けを求めましたが、A君は抵抗を全くしてないのです。

B君が助けに来たので、
今度はA君を解放してB君を捕まえました。

すると今度はB君がC君に助けを求め、
C君を捕まえると、またA君に助けを求め、
いつもなら一人でフラフラいる子が4人で一つの遊びが成立したのです。

その子は逃げる時でも捕まった時でも常に笑顔が溢れていました。

それは、自分がA君と本気で遊ぼうと思ったから生まれたものだと思います。
これからも本気で子ども達と関わっていきたいと思います。

自分も楽しかったですが、その子にとっても最高に楽しかった放課後になったと思いました。