NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2018/09/22

梶原子ども会館⑩「いつもと対照的な姿」

こんにちは!
9月はちゃんと晴れた日が2日しかないだとか。
雨が降って風邪をひいたまこです☂️
今回は、鎌女2年のちーちゃんが関わったエピソードについてお話したいと思います。

低学年の女の子が上のプレイルームで遊びたいとちーちゃんに言いました。

その遊びが、ちーちゃんに対して女の子がボールを永遠に当てて、それを避けれればよいという、、
よくわからないゲームをするのが好きな子なんです。

でもそれって2人っきりだからこそやりたい!と思って出来るゲームだと私は思います。

その子とちーちゃん自身もそのゲームにハマったらしく、
ずーっとそのトレーニングみたいなゲームをやっていたんです(笑)

実はその女の子は、いつもは色んなことに興味があって、色々遊びを展開しちゃう子です。
なので、私はずーっとそのトレーニングを2人でしていたと聞いて驚きました。

もうちーちゃんの話す様子から、楽しかったことが伺えるし、
たまに2人が下に休憩しに降りた時にもはやくやりたくてしょうがないみたいな顔をしてて、
とても素敵な空間だったんだなと思いました✨

その子にとって、同じ遊びを飽きずにひたすらやるっていう経験は特別だったんじゃないかと思い
、とても嬉しく感じています。
10月も会館行くのが楽しみだな~!!!
以上まこがお送りしました(^^)/