NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2019/01/31

いまいずみこどものいえ㉞ 『子ども会館なのに朗読!?』

こんばんは~!!


今日(1月31日木曜日)も元気にいまいずみこどものいえで活動して参りました~!!

実は先日!いまいずみこどものいえに継続的に参加している学生たちで、
あるイベントに行ってきました~!

あるイベントとは…

みんなで朗読 発表会~~~!!!

どうして突然こんな話をしだしたかといいますと、
「みんなで朗読」の活動にいまいずみこどものいえに通う子どもが参加していました。

発表会という晴れの舞台!!!なんとしても観に行かなくては!!!と、
お手伝いに行ってきました~!

朗読に参加してくれているその子は、いつも仲良しのメンバーで楽しく遊んでいる姿を目にします。
どちらかというと、人前に立って、目立つことがあまり好きではないのかな?というイメージ。

発表会ではどんな姿を見せてくれるんだろう?きっと、私たちには知らない一面があるはず!と
楽しみに発表会に行きました。

その子のいる班の発表の番。

なんと!彼は一番前のセンターに立っています!!!
そして、セリフがと~っても多い大役を務めあげていたのです!!!

堂々と朗読する姿を見て、思わず感動してしまいました。

そんな発表会のあった今週の活動で、その子に会いました。

「すごかったね!堂々と朗読していて、
感動しちゃった!」私の想いを伝えてみました。

「うん!」とっても嬉しそうに答えてくれました。

いつもは仲良しのお友達と遊んでいて、学生がほかの子と遊んでいると関わることができないのですが、

この日の彼は、なんだかいつもより輝いて見えて、
周りのお友達にも「発表会に出たんだよ!」と誇らしげに伝えていました。

私たち学生は週に1回、2時間ほどしか一緒に過ごすことができません。
だから、きっと私たちが見ている子どもの姿はほんの一部にしかすぎないのです。

子どもたちと関わる中で、「どうしてこの子はこんなことをするんだろう?」など、悩みを抱えることはよくあります。
でも、どの子にも、まだ見ぬ一面がたくさんあるはず。目の前の姿だけではなく、
子どもたちの様々な一面に出会っていきたいなあ…!
今日の活動を終えて、そんなことを思いました。

以上、しおこんぶ。でした~!