NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2019/02/14

いまいずみ子どもの家㊱ 『どうしても勝ちたい!』

こんにちは!
かまじょ4年のおかぴです!

今週もいまいずみ子どもの家に遊びに行きました~~!
私事ですが免許合宿に行っており、2週間ぶりのいまいずみでした!ただいまです!(笑)

今週は、トランプでスピードをして遊んだエピソードを紹介したいと思います!

17時以降の静かに過ごす時間でのことです。

トランプを手に持って、
「スピードやろう!!」と、声をかけてきた小1の女の子と対決することになりました。

ちなみにわたくし、いまいずみの子にスピードで負けた試しがあまりありません!
手加減ももちろんしません!(笑)

本気でやったって勝てないゲームもあるのに、
勝てるゲームで手を抜くわけないのです。わたしだって勝ちたいのです(笑)

いざ勝負!

………

結果はわたしの勝ち!

女の子は悔しそう。
そしてその子が、もう一回!と言うのと同時に、
横で見てた男の子が、つぎは僕がやりたい!と。

スピードはふたりで対決するので、どうするのかなぁ、とちょっと様子を見てると、

「じゃあふたりで一緒に戦おう!!!」

なんと斬新。
2対1での勝負を申し込まれました(笑)

彼らの作戦は、手元に8枚カードを並べたら(通常4枚)勝てる!というともの。
たしかに、並べてあるカードが多いということは一度の中で出せるカードの範囲が広がります!

でもいざやってみると、、
手札を持ってるのは一人なので、カードを一人で8枚も並べなきゃいけないんです。

でも並べるばっかりじゃなくて出すほうもやりたい!
並ぶカードが0枚になる瞬間もありました(笑)

そのタイムロスのおかげでまたまたわたしの勝ち!

いつもなら、「おとなげない!!」の言葉が飛んでくるのですが、今日はちがいました。

「ふたりでカードを半分こにしてやったら勝てるんじゃない?!」

さっきの戦い方でタイムロスがあったことに気づいて、作戦を変更したのです!

勝負に勝ちたい気持ちは人一倍ないまいずみの子たち。

でも、負けて悔しい気持ちをバネに、つぎはこうすれば!という気持ちに切り替えるのはなかなか難しいものです。
時には、相手のズルを疑ったり、わざとふざけて負けたり、途中で負けを確信して辞めてしまったり。。。

勝ちたいあまり、「負ける」ことを避けているように感じることがあります。

負けるのはイヤだし、勝ちたい気持ちはとってもわかります。わたしも負けず嫌いだもん。
でもだからって、途中で投げ出したりはしないでほしいのです。

小さな遊びでも、勝負でも、一度はじめたことを最後までやりきることって簡単じゃないから、
いっしょにやりきりたいとわたしは思ってしまいます。

ちょっと話が逸れましたが。。。

普段からそう思っているからこそ、2人が今の負けを前向きにとらえて
次に勝つための作戦を考え始めたのがとーーーーってもうれしかったんです!!!!!!!

そしてその作戦で見事わたしに2枚差で勝利しました!

(これで私が勝っていたらもっと新しい作戦が生まれるところを見れたかもしれないのに…!!)
と、内心思いながら悔しがる私。

でも2人はすごく嬉しそうにしていて、
きっと自分たちで立てた作戦で勝てた経験がちょっとした自信になっていたらいいなと思います。

今回は、2対1のちょっと普通じゃないスピードをやってみたことで、
いつもじゃなかなか見られない、負けの経験をバネにする姿が見られました。

普通の遊び方にこだわらず、時には今日みたいに
それってあり?!みたいな遊び方で遊んでみることもおもしろいなぁと思った活動でした!

以上、おかぴでした~!