NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2019/03/10

鎌倉をめぐる④「リベンジ!鎌倉にただひとつのあの場所へ?!!の巻」

3月10日(日)に今年度最後の
鎌倉をめぐるの活動が行われました!

今回めぐるのは六国見山!

かつて山の頂上から六つの国が見えたといわれる六国見山
今はどんな景色がみえるのでしょう…

そしてそして、今回は山を下ってからもわくわくスポットが!
鎌倉で唯一○○があるお寺にいっちゃいます!

○○の正体とは一体、、!?

☆鎌倉をめぐるとは??
鎌倉博士の大貫昭彦先生と一緒に、子ども・学生・親御さんで自然や歴史といった
魅力がいっぱいの鎌倉をめぐり歩く、年4回の活動です。
三世代で歩くからこそ気づく鎌倉の魅力や新たな発見がたっくさん!!!

こんにちは~!あんなです!

3月10日に開催された鎌倉をめぐるの活動の様子をお伝えします!

今回行く六国見山は、雨天で中止になった第二回のリベンジ!
今回は無事に晴れてくれました~~~!

受付でみんなが引いているのは、、

かるたの頭文字!

今回は、ろっこくけんざんかるたを作りますよ~~!

今日は北鎌倉駅から六国見山を目指します!

まず歩くのは線路の脇のほそーーい道!

走っている電車の近くを歩くなんて、!!!!!

いつもは見られない景色にみんなわくわく!

もうすぐ春!ということもあり
歩いているとたくさんの植物との出会いがありました。

六国見山までの道はおうちがたっくさん建っている住宅地。

めぐるで歩けば、なんでもない住宅地だって楽しくなっちゃうんです!

カラフルなおうちに足を止めて見とれてみたり、
坂道を全力ダッシュしてみたり、、

道の途中でみんなが囲っているのは、、

トカゲ!!!!!!

このあと、子どもが捕獲し、いっしょに六国見山をめぐりました(笑)

さて、これから六国見山を登っていきます

階段になった道で歩きやすい!
と思いきや、地味に長いのが六国見山。

息を切らしきらしながら頂上に到着!!!

六国見山からの景色がコチラ!

この日は雲が多くて見えませんでしたが、
もっとすっきり晴れると富士山や大島も見えるそうです。

反対側には横浜ランドマークタワーが見えましたよ~~!

鎌倉から横浜も大島も見えちゃう六国見山は
鎌倉で3番目に高い山!!

頂上で一休みした後は、山を下って

散在ヶ池を目指します。

散在ヶ池森林公園に入るとたっくさんの木!!

書いてあるのは木の名前!
こんなにいろんな種類があるんだなあ。

たくさん歩いて、やっとお昼ごはん!!

散在ヶ池を前にして、いっただっきまーす!

昼食のあとは、いよいよ
鎌倉唯一の○○があるお寺へ。

そのお寺の名前は、称名寺。

○○の正体とは、、、

滝!!!!!!!!!

この滝は、陰陽の滝と呼ばれていて、
鎌倉でお寺の中に滝があるのは、ここ称名寺さんだけなのです。

滝を見ると、子どもたちも、学生も、保護者の方も、

わあ~~~~~~!!!

と、思わず声がもれていました。

滝の水に触れてみる子どもたちや、
自ら全身で滝を浴びに行く子どもや学生の姿も!

びちゃびちゃだ~~!(笑)

滝をそれぞれの感じ方で楽しんだ後は
大船のてらハウスに行って、

ろっこくけんざんかるたづくり&かるた大会~~~!

みんな少し手こずりながらも、
それぞれの感性で見たものや感じたことを絵や言葉にしていました!

かるた大会も大盛り上がり!

最後に、1年間お世話になった大貫先生に 花束の贈呈。

1年間ありがとうございました!!

山道もあり、住宅地もあり、滝もあり。
鎌倉の魅力がたくさん詰まった今回の活動。

陰陽の滝で、自ら滝に打たれに行く学生や子どもの姿を見て
「滝は見て楽しむものでしょ?おかしいよ」と言っている子どもがいました。

たしかに、その子にとっての楽しいは見て感じることかもしれない。

でも、いろんな楽しいを知ってほしい!と思った近くの学生が
「見て楽しむのもいいし、ああやって感じて楽しむ人もいるんだね」
と声をかけると、そのあとその子は
「滝っていろんな楽しみ方があるんだね」と他の学生に話すようになりました。

この場面って、
他の人の楽しいに触れて、その子自身の世界がちょっとだけ広がった瞬間だと思うのです。

めぐるの楽しみ方はひとそれぞれ。
正解も間違いもないし、どんな楽しみ方があってもよいのです。

「鎌倉のまちをを自分の足でめぐり歩く」

そんなシンプルな活動のなかにはたっくさんの楽しいが詰まっています。

周りの人たちのたくさんの楽しいに触れて、いろんな視点でめぐれたら、
もっと鎌倉を素敵!すき!って思えちゃうはず。

その子自身の世界も広がっちゃうかもしれません。

そんな想いを持ちながら、活動をつくってきたからこそ
このエピソードはなんだかうれしかったなあ。

1年間、担当者として活動にかかわってきて
前よりもっとめぐるが大好きになりました。

毎回毎回、新たな楽しさや発見に心を躍らせて、
活動中ずっとわくわくして、ほんとうに楽しくって。

いや、活動中じゃなくたって楽しいのです!

普段なにげなく歩く道で、
ふと下を見ると花が、上を見れば木が。。

今度先生に会ったらこの植物の名前聞いてみよう、とか
この花めぐるでも見た!とか
似たような景色を見れば子どもとのエピソードが頭をよぎったりとか。

なんだかぱっとしないわたしの日常とめぐるの活動が繋がったとき、
いつもよりちょっと楽しくなったり、嬉しくなったり、元気をもらえたり。

たった年に4回、今年度は3回の活動でしたが、
そうやって活動が終わってからの日常でも楽しいを感じられるのって
ほんとうにすてきだなあ、と思うんです。

今年参加してくださったひとたちの日常にも、
ほんの少し楽しくに思えたり、なにか力になるような、
そんなめぐるの活動になっていたらいいなあ。

今年度ご参加いただいたみなさま、そして大貫先生、
本当にありがとうございました!

来年度も、楽しくてわくわくがいっぱいな活動をつくっていきます!!!
たくさんのご参加お待ちしております!!!