NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2016/03/30

関谷子ども会館㊹ 「失敗したイタズラ」

こんにちは!!

花粉症が苦しすぎて毎年この季節になると毎日が憂鬱な”しん”です!!

今日も関谷小学校に来てみると桜(ソメイヨシノ)がけっこう咲き始めてきました!!
咲くのが比較的早い玉縄桜はすっかり葉桜になってしまっていました!!

img_2931

というわけで今日は関谷子ども会館での活動を報告したいと思います!!

 

校席や小学校に到着して校庭に入るなり、

「あ、てらこやだーーー!!」と子どもたちの声。

子どもたちの中から一人のと男の子が走ってこっちに来ました。

「しん!!一緒に落とし穴作ろ!!」なんと、、、イタズラのお誘いでした。(笑)

くわしくその子からお話を聞いてみると来年度から他の子ども会館へ異動する指導員の先生がいるらしく、
今日で最後なのに、いや最後だからこそ落とし穴に落としてやろうとのことでした。(笑)

僕が輪に加わったときはこんな感じでした。

img_4256

落とし穴をせっせと作っていたのは男の子3人。みんな今年の春から新3年生になる2年生たちです。
「ちょっとさ、大きめの葉っぱを持ってきてよ!!」いきなり男の子からお願いを受けました。

葉っぱを拾いに行っている途中にほかの遊びをしている子に会ったので
「ちょっと葉っぱ拾うの手伝ってよ!!」と誘ってみると、

いつもは鬼ごっことかサッカーに誘っても「うーん、やらない!!」ってそっけない事が多いのに、
「うん!!いいよ!!」と仲間に入りました。

他にも「何やってるのー」と様子を見に来た女の子が仲間に入ったり、

あれ、さっきは室内で「外で遊ぼうよ!!」と誘った時に、首を小刻みに横に振って断ったよね!!って子が葉っぱを集めてくれていたり、

みんなであーだこーだと、あれはよくない、これはよくない、と試行錯誤しながら作って行きました。
はじめは4人で作っていたのを気づいたら8人ほどに仲間は増え、落とし穴は完成していました!!

img_4257

※これは完成直前。後は砂をかぶせたら完成。

 

落とされる先生は五人の女の子達が連れてきてくれました!!!

ドキドキしながら今か今かと先生が落とし穴に落ちる瞬間を心待ちにしていると、あれ?穴の上に来たのに地面が沈むばかりで穴に落ちません。
なんと、あまりに頑丈に作ったので落とし穴に穴があきませんでした。(笑)

悲しいような面白いようなオチに穴を取り囲んでいた15人ほどの人たちは思わず笑顔

そんな時に多くの人と笑い合えるこの感じっていいなってふと思いました!!

これからはたくさんの人と思わず笑顔になってしまうそんな活動にしていきたいです!!!