NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2018/02/15

玉縄子ども会館㉟~輪を広げたい!の巻~

こんにちは~!

ドキドキバレンタインデーの日に
玉縄子ども会館に行ってきました~~

先生方からおいしいチョコレートのお菓子をいただきました、、、❤
いつもありがとうございます。


そんなハッピーな日でしたが、
元気すぎる男の子に悩む学生のエピソードを紹介します。

玉縄子ども会館には、

学生に対して暴力が多めの、少し乱暴な子がいます。

あんまりいっしょに遊んでくれるお友だちがいなくてひとりでいることが多いです。

そんな子に、はじめて学生がしっかり向き合ってみました。

一方的に学生に暴力をふるってくるのは、きっと学生にかまってほしいからだ!

だったら思いっきりふたりでじゃれ合って、やられてる一方じゃなくて、学生もやり返しちゃえ!

そしたら楽しい戦いごっこに変わるはず!

結果、その子とその学生はとても楽しく遊べて、

いつもいろんな学生に暴力するその子はその日全然暴力しませんでした。

その子のことを考えてよかったし、しっかり向き合えたなと思います。

でも、その子は私たちと毎週戦いごっこをしていてそれが一番の楽しいなのかなあ、

なんだか違う気がするなあ、というのがその日の振り返りで学生同士で話したことです。

みんながやっているドッヂボールとかカードゲームでいっしょに遊びたい、

戦いごっこ以外にも楽しく遊べる遊びがあるはず、

そんなことが実現したら、もっと普段もいっしょに遊ぶ仲間ができるんじゃないかなあ、

そんな話が飛び交いました。

学生が寄り添って、それだけではなくてその先のことも考えていくのが大切だなあと思いました。

毎週会えるのが子ども会館のいいところです。

来週はちがう遊びに巻き込めるかしら、巻き込みたい!頑張ります!!