NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2019/02/28

いまいずみこどものいえ㊳『神経衰弱やってみた』

こんばんは~~

本日(2月28日木曜日)もいまいずみこどものいえで活動してきました~~!

突然ですが、みなさんはトランプで遊ぶとき、なんのゲームをしますか??

ババ抜き?じじ抜き?それともスピード??

トランプひとつで、色んな遊び方がありますよね!!

こどものいえでトランプをして遊ぶときは、先程挙げた3つのゲームをして遊ぶことが多く、
比較的長時間のゲームはあまりしません。色んな遊び道具があるもんね…!(笑)

そんな今日は、めずらしくみんなで

『神経衰弱』

をして遊びました~~~!

神経衰弱、私はとても苦手です。カードの位置が全然覚えられません!!

神経衰弱をしよう!と言ってくれた男の子と、一緒に準備をしていると、次々に対戦相手がエントリー!!
小学1年生から小学4年生までの男の子と女の子による、総勢8人での負けられない闘いが始まります…。

神経衰弱の良いところは、力の差が関係ないところですよね!
みんな平等に、一生懸命にカードの位置を覚え、同じ数字のカードを引く…。

だからこそ、他の子がカードを引く番でも気は抜けません。

「あっ!この数字!どこだっけ…!」

「やった~~!当たった!!!」

「あぁ~ちがった!!!」

なんて駆け引きが何度も起きました。

中には、一発で同じ数字のカードを当てる強者も…。一同驚愕。

「すっ…すごい…!」

何人かで対戦するゲームをするとき、誰かがズルをしたり、誰かと誰かがチームを組んだりして、
正々堂々と勝負ができず、誰かが悲しい思いをしたり、つまらない思いをしたりすることがよくあります。

必ずしも、ズルをしたりチームを組んだりすることが悪いことだとは思いません。
それほどまでに勝負に真剣になっていることだと思うからです。
ズルするなら、ズルされても負けないくらい本気で戦うし!!って逆に燃えてきたりします。

だけどやっぱり!みんなで正々堂々と勝負して、
友達の凄いところをみんなで「すごいね!」って認め合えるのって、とっても素敵なことだなあ…と実感しました。

今回の神経衰弱では、小4の女の子が優勝しました!!
次こそは!!優勝できるように、めげずに挑戦していこうと思います!

以上、しおこんぶ。でした~~