NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2016/06/21

山崎子ども会館⑩「強くてやさしい小さな野球選手」

こんばんは!

今日は朝から雨模様でしたが、午後になると晴れてきてとても清々しい活動ができました!明学三年たつきです!

今日の山崎子ども会館へは学生5人で行ってきました!次は外で撮りたいな~笑

img_4822

今日は僕がブログを書かせていただきます!

 

さて!

タイトルにも書いた通り今日は「強くてやさしい小さな野球選手」の小4の男の子について書きたいと思います。

前のブログにも書いたのですが、僕は少年野球チームに所属していました。へたっぴでしたけどね笑

今日はそんな当時のことを思い出しちゃうぐらいすごく楽しくその男の子と遊べました!

最初、その男の子に「キャッチボールしよ!」と誘われ、久々にキャッチボールをしました。

よっしゃ!久しぶりに学生のすごさ見せてやるか!と意気込んで、その男の子が投げる球を待っていたその瞬間!

ビュオン!!!!!

ん?今何か飛んでったなぁ…
え?今あの子が投げたの???

速すぎ…(^_^;)

学生の僕がビックリしてしまうほど、驚きの球速でした。

実はその子地元の野球チームに所属しているらしく、ピッチャーをやっているそうです!びっくらこいた!笑

そこで僕は負けじと
「この球を捕ることができるか!!!」
とかなり本気で投げました。(大人気ない笑)
すると今度は

バシッ!!!

とキレイな音がプレイルームの中に響きました。
セカンドもやっているそうです…(^_^;)

強いなぁ…と思いながら返球をしようとした矢先、小学1年生の女の子が「わたしもやるー」と言って交じってきました。

僕はよかったのですが、男の子がどうするかなぁと思っていたら、
先ほどとは違うフワッとしたやさしく取りやすいボールをその女の子に向かって投げていました。
そして、その女の子が投げるコントロールが定まらないボールを何も言わずに捕りに行き、また返球していました。

うまく自分のやさしい部分を自分が得意なところに取り入れているなぁと感じました。

相手が取りやすいボールを投げると、捕った相手はまた投げたくなる。お互いに楽しくキャッチボールをしたいという気持ちが現れているように感じました。

僕も言葉のキャッチボールで相手が聞きやすいボール(言葉)を投げたいなと思いました笑

優しくて、でも強い小さな野球選手

今度はまた違った遊び(変化球)でその子の優しさを引き出したいなと思います!

以上、たつきがお送りしました~(^o^)

 

「子ども会館☆パラダイス」

鎌倉市内の6カ所の子ども会館(学童保育施設)に学生がお邪魔して、「子どもたちの放課後を最高に楽しくしよう!」という思いで活動しています。様々な子どもが集まる子ども会館には指導員の先生方もいらっしゃいますが、そこに学生が子どもの輪の中に入って全力で子どもたちと向き合っています。その他にも鎌倉てらこやでは様々な事業を行っています!鎌倉てらこやについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓

鎌倉てらこやHP:http://kamakura-terakoya.net/event/ceramic/

TEL:0467-84-9746 e-mail:info@kamakura-terakoya.net