NPO法人 鎌倉てらこや

遊びや体験から仲間と生きる力を育む

レポート

2018/10/25

関谷子どもの家㉗「ドミノな一日」

こんにちは!10月25日㈭も関谷子どもの家に行ってきました。

活動の様子を報告します!

どうぞ!!!

夏休みに一緒にドミノ倒しをして盛りあがった男の子がいました。

でも、夏休み以降なかなか会えず、久しぶりにその男の子と再会しました~!

その子は、積み木やドミノなど、何かを作る遊びが好きなので

 「この前やったドミノやろうよ!」と声を掛けてみることに!

すると「この前はこうしたよね」とか」「こう作ったよね」とたくさんお話してくれました~!

その男の子は、てらこやが活動に行っている日でも、一人で漫画を読んでいる姿を見かけることが多かったのです。

だからこそ、その子と一緒になって何か一つのことに熱中して遊べたらなと思い

よくドミノに声を掛けているのですが・・

今日は、いつもその学生自身が仲良くしている別の男の子も

「学生がドミノするなら、僕もやる~」とドミノに参加してくれました~!

その子と何かを熱中して遊べただけではなく、学生の存在をきっかけに子どもたち同士の関わりを広げることができたのがとっても嬉しかった一日でした!

以上、関谷子どもの家よりお届けしました~!