レポート

2021/06/09

,

鎌倉てらこや 放課後かまくらっ子やまさき「令和のエジソン爆誕!?」

街の温度表示に30という数字が映し出されていました。いよいよ夏がやってきますね。
コロナ禍で過ごす二度目の夏、一度目とはどれほどの変化を遂げることができるでしょうか。

お久しぶりです。かわのあおです。

本日もオンラインかまくらっ子をやまさき子どもの家で開催しました!

_____________________________________

鎌倉てらこやでは、鎌倉市内の学童保育(公設公営/公設民営/NPO)や、
放課後かまくらっ子(鎌倉版放課後子どもプラン)へ、
大学生ボランティアの派遣を行っています。

子どもたちの日常の放課後に、
大学生のお兄さん・お姉さんが定期的に遊びに行くことで、
元気がありあまっている子どもたちや、
何をしていいかわからずにぼんやりしている子どもたちと、
最高に楽しい放課後の時間を過ごせるように活動を行っています。

_____________________________________

満を持して会館と接続!子どもたちの元気な声が……聞こえない!

なんと言うことでしょう!機械不良でお互いの音声が聞こえません!そんな…(泣)

そんなイレギュラーな事態を知る由もない子どもたちは、
屈託の無い笑顔で私たちに手を振ってくれます。守りたいこの笑顔。

学生たちも、いつ音声がつながっても良いように、画面上では口パクでも、
届かない声を出しながら懸命に手を振ります。
ああ懐かしい顔。あの子だ!あの子かな!?
以前まで会館にお邪魔させていただいていた学生も少し興奮状態。

紆余曲折ありついに始まりましたかまくらっ子オンライン企画。
今回は前回よりも問題の種類や出題方法を変えてみました。

まずは一年生の部!の予定だったのですが、
諸事情により物議を醸している代々木公園でのパブリックビューイング会場の様に、
誰でも参加が出来るような感じで行われました。

主に二年生以上の子たちが参加してくれました。
前回同様シルエットクイズで肩を温めてから○×クイズ、アハ体験と移っていきました。
ミスで一年生用の出題をしてしまったので簡単な問題ばかりだったかもしれませんが、
「パンダの尻尾は白である○か×か」
「“きのこの山”と“たけのこの里”人気な方はきのこの山である○か×か」と
意外と(かなり?)難しい問題に悩む姿だったり、
「私はきのこ好き!」と言ってくれる子がいたりと
楽しんでいる様子が窺えて本当に良かったです。

続いて入れ替わって正真正銘一年生がやってきました。
人が変わっているので同じ問題を出したのですが、
あれ、めちゃめちゃすいすい進む。やまさきの一年生なめてました。すごい。

あるときには、「もっと難しいの出して~」なんて声も。

結構自信のあったアハ体験は、学年に限らず瞬殺されました。笑

○×クイズは割と良い難易度だったような気がします。

 

まだ会ったことのない一年生も、前のめりになって
参加してくれていたのがとてもうれしかったです。

またもう一度対面で会えることを楽しみして、
もう少しの辛抱だと自分に言い聞かせて彼らとはまたしばしのお別れ。